おっさんのblogというブログ。

下らない事に心血を注ぐおっさんの話、たまには聞いてみてもいいんじゃない。

キャンディーズの『暑中お見舞い申し上げます』をぶった斬る。

如何お過ごしですか? 3回連続10cmです。

 

当ブログにお越しいただきありがとうございます。

 

一世を風靡したキャンディーズの名曲『暑中お見舞い申し上げます』をぶった斬ります。

 

   

 

 

キャンディーズってもう知らない人の方が多い?

 

キャンディーズは1972年(昭和47年)にデビューした

そらもうむちゃくちゃかわいい3人組の超アイドルグループ。

 

ほんまにむちゃくちゃかわいい

 

なんでも、

食べてしまいたいくらいむちゃくちゃかわいいから

キャンディーズって名前にしたとか。

分かる~。鋭いネーミング。座布団5枚。

 

当時の蘭ちゃんの巻き髪とあの瞳。スーちゃんの程よい太もも。

 

おっさんも食べてしまいたぁぁ~~~い

 

f:id:sankairenzoku10cm:20180717213526j:plain

日本中の女が束になってかかっていっても勝てんくらいかわいい(←不適切な表現)

 

6年後『普通の女の子に戻りたい』発言の後解散。

日本国民泣く。

 

スーちゃん亡くなってまた泣く。こっちの方がきつかった。

 

その辺りの詳しい事はgoogle先生を検索したらいくらでも溢れてるんで割愛します。

 

 

かわいいから突っ込むなんて事はしたくないんだけど。

 

ちょいちょい名曲ヒットメロディーみたいな番組あって

よくかかるんだけど、この歌を聞くといつも思うのね。  

 

それは『暑中お見舞い申し上げます』の歌詞。

 

作詞:喜多条忠

作詞:佐瀬寿一

唄 :キャンディーズ

 

語尾の発音部分を一部加筆修正 

 


暑中お見舞い申し上げます / CANDIES


上記▶でぜひ曲を聴きながら(動画じゃなく曲だけです)

どこを突っ込むか考えてみましょう。

 

 

=歌始まります=

 

 

う~~~わっぁ!

暑中ぅぅお見舞い申し上げますぅ~

 

-1番

まぶたに口づけぇ(ァァァ) 受けてるみたいな(ぅぅっう~ん)

夏の日の太陽は まぶしぃくてぇ~

キラキラ渚を(ァァァ) 今にもあなたが(ぅぅっう~ん) 

かけてくる しぶきぃにぬれてぇ~

 

なぜかパラソルにつかまり

あなたの街まで飛べそ(ぅ)おぉでぇぇ~す

今年の夏はァァァ 胸まで熱いぃ

不思議な 不思議な夏ですぅ~

暑中ぅぅお見舞い申し上げますぅ~ 

 

-2番

水着を誰かにぃ(ァァァ) 見られるだけでも(ぅぅっう~ん)

あなたから だめだよといわれそぉ~

泳ぎませんかと(ァァァ) 誘いにくるけど(ぅぅっう~ん)

振りむかず ねむったふりよぉ~

 

はやくあなたに会いたくてぇ

時計をさかさにまわしてまぁぁっ~すぅ

今年の夏はァァァ 心もはずむぅ

不思議な 不思議な夏ですぅ~

暑中ぅぅお見舞い申し上げますぅ~ 

 

-3番(=1番の後半の繰り返し)

なぜかパラソルにつかまり

あなたの街まで飛べそ(ぅ)おぉでぇぇ~す

今年の夏はァァァ 胸まで熱い

不思議な 不思議な夏ですぅ~

暑中ぅぅお見舞い申し上げますぅ~  

 

=歌終わります=

 

 

1番も微妙なところはあるが、まぁ許そう。

 

1番の

『なぜかパラソルにつかまり

あなたの街まで飛べそ(ぅ)おぉでぇぇ~す』

 

ここも結構ビミョー。

 

傘系で空を飛ぶっていったら

世の中広しと言えどもトトロくらいじゃねー?

って思うけど

 

パラソルはオーダーメイドで自分の体重と風力と

風向きが合えば100%不可能ってこともないし、

 

『飛べそう』という推測であって

『飛んでいく』とは言ってないし、

 

まぁ危険だけど夢があって良しとしましょう。

  

 

2番のさびの手前、これはいただけない。

 

問題部分は2番のさびの手前。

うっかりしてると聞き過ごすとこなんだけど

 

『はやくあなたに会いたくてぇ

時計をさかさにまわしてまぁぁっ~すぅ』

 

 

ここ。

 

 

あなたに会いたいのは、すごくわかるんだけど

 

それならどっちかっつーと

 

 

時計を正方向に回した方がよくね?

 

(ここで笑ってください、後は笑うとこありませんよ)

 

 

まぁかわいいから許しますけどね♡

 

 

 

と言う訳で、編集後記

 

自分が大好きだったキャンディーズの歌詞を突っ込んでみました。

 

蘭ちゃんのソロのところ、たまらんですね。

自分でyoutube貼り付けておきながら、それを何回も聞いてしまいました。

 

読んでいただいた方には申し訳ありませんが、

自分的にはいい記事が書けました(笑)。