おっさんのblogというブログ。

下らない事に心血を注ぐおっさんの話、たまには聞いてみてもいいんじゃない。

『男一匹ガキ大将』名言集その3(戸川万吉列車編)

如何お過ごしですか? 3回連続10cmです。

 

当ブログにお越しいただきありがとうございます。

いつも本当にありがとうございます。

 

漫画にも名言がいっぱいあります。

それを熱く語ります。

 

公開後に写真追加しました。

 

 

 

漫画のタイトル、概要紹介。

タイトル:男一匹ガキ大将 単行本9巻 恐怖の人柱の巻(以降これから引用させていただきます)

作者  :本宮ひろ志

 

時は1960年代後半~。ヤンキーという言葉すらない親分子分の時代。

西海に暮す『戸川万吉』はどこにでもいるようなガキ大将。優しくて男気がある。

万吉は日々ケンカに明け暮れるも、ケンカ相手は万吉の男気に惚れ込んで、万吉は次々と子分を増やしていく。

警察とケンカをして少年院に入るが、そこでも万吉の男気に惚れた同類の男たちを魅了する。

その後も西日本の男たちを配下に収め、ついには東日本の大将『堀田石松』と富士のすそ野での一大決戦を制し日本の総大将になる。

更に躍進を続け日本の中枢企業である水戸屋産業を継いでアメリカ企業との原油争奪戦を制する(学生がだよ)。

終いには北海道を独立国にするとういう国レベルのニセ構想の中で翻弄されて物語は終結する。

例によって後半は本宮先生ならではのハチャメチャの展開。

 

申し訳ありません、ここまで過去記事をコピーペーストしました。

 

名言が飛び出す場面。

その2(戸川万吉女に惚れる編)の直後のこと。

 

その2はこんな内容

===少年院からでた万吉は銀二や綱村たちにもっと男を集めてこいと言う。集まった男たち土佐源(四国)・菊村(九州)・山崎(山陰)が西海に集結するも、万吉はあゆみという女に惚れて、ふぬけにされてしまっていた。集まった男たちは呆れかえるが菊村は自分に合うために落とした綱村の腕一本十分お釣りがくる、万吉が立ち上がったところを見たいと言って引き止める。=== 

まぁ、概要を書いたけど番宣のために下記記事を貼っておきます。

www.sankairenzoku10cm.blue

 

 

そんな中、山崎(山陰)は万吉関係なく西海という場所を狙っていて、女にふぬけにされた万吉抜きの万吉一家と山崎とのケンカになる。その時、子分を捨ててあゆみと東京へ行こうとする万吉が乗った列車が事故(鉄橋が壊れる)にあいそこで万吉は再び男に目覚める。

そのシーン

f:id:sankairenzoku10cm:20181023214108j:plain

f:id:sankairenzoku10cm:20181023214144j:plain

f:id:sankairenzoku10cm:20181023214402j:plain

f:id:sankairenzoku10cm:20181023214427j:plain

f:id:sankairenzoku10cm:20181023214444j:plain

f:id:sankairenzoku10cm:20181023214501j:plain

f:id:sankairenzoku10cm:20181023214521j:plain

f:id:sankairenzoku10cm:20181023214536j:plain

 

 

 

万吉は列車から飛び降りてケンカの場所に行き、山崎にわび(ケンカの最中に他事をするから)を入れる。

そのシーン

f:id:sankairenzoku10cm:20181023214652j:plain

f:id:sankairenzoku10cm:20181023214709j:plain

f:id:sankairenzoku10cm:20181023214754j:plain

f:id:sankairenzoku10cm:20181023214811j:plain

f:id:sankairenzoku10cm:20181023214830j:plain

f:id:sankairenzoku10cm:20181023214851j:plain

f:id:sankairenzoku10cm:20181023214912j:plain

 

 

 

そして鉄橋修理にかかる。この壊れた鉄橋を自分と子分たちで直すという(学生がだよ)。子分たちはそんなことは出来ないと言うが、万吉はやるという。子分たちとともに木と縄と人間で鉄橋を支える。

f:id:sankairenzoku10cm:20181023215153j:plain

f:id:sankairenzoku10cm:20181023215210j:plain

f:id:sankairenzoku10cm:20181023215232j:plain

f:id:sankairenzoku10cm:20181023215257j:plain

f:id:sankairenzoku10cm:20181023215316j:plain

 

 

そして列車はその鉄橋に差し掛かる。絶体絶命だが・・・

f:id:sankairenzoku10cm:20181023215335j:plain

f:id:sankairenzoku10cm:20181023215357j:plain

f:id:sankairenzoku10cm:20181023215413j:plain

 

 

その名言とは。

 

f:id:sankairenzoku10cm:20180725212356j:plain

『むりだと思うからむりなんじゃい』

 

そして列車は鉄橋を無事通過する 。

f:id:sankairenzoku10cm:20181023215605j:plain

f:id:sankairenzoku10cm:20181023215628j:plain

 

この名言を人生にどう生かすか。

 

やれば出来る。かどうか分からんが、 

やらないと絶対に出来ない。

 

やると決めた以上は、絶対に出来ると思い込む。

やれば道は開ける。

Yes i can.

Yes you can.