おっさんのblogというブログ。

下らない事に心血を注ぐおっさんの話、たまには聞いてみてもいいんじゃない。

2019年初場所(1月)稀勢の里 千秋楽。

スポンサーリンク

如何お過ごしですか? 3回連続10cmです。 

当ブログにお越しいただきありがとうございます。

いつも本当にありがとうございます。

 

大相撲2019年初場所1月場所)が終わった。千秋楽が終わって一場所が終わるという認識であります。幕内最高優勝力士はモンゴル出身の玉鷲(34才)である。19才で来日、入門し15年間一番も休まず相撲をとり続けた苦労人である。素直におめでとうといいたい。また、本日玉鷲関の第二子が誕生したそうだ、二重の喜びだろう。

 

さて、稀勢の里だ。

 

 

今場所の稀勢の里の最終成績。

中日の記事でお伝えしたように、初日(1/13)から3連敗、4日目(1/16)不戦敗(引退表明)、5日目(1/17)引退である。成績は4敗。 

www.sankairenzoku10cm.blue

 

稀勢の里の力士としての全成績。

wikiより引用。

f:id:sankairenzoku10cm:20190117152710j:plain

f:id:sankairenzoku10cm:20190117173928j:plain

 

全成績を整理する。( )内は取組み数。  

幕下以下 :12場所( 84) 60勝 24敗 勝率0.714  

十両   : 3場所( 45) 26勝 19敗 勝率0.578  

平幕~関脇:42場所(630)346勝284敗 勝率0.548  

大関   :31場所(465)332勝133敗 勝率0.714  

横綱   :12場所(169)36勝36敗97休 勝率0.213

 

稀勢の里の情報。

今更だが、wiki稀勢の里のページを貼っておくので参照されたい。

ja.wikipedia.org

 

編集後記

大好きな稀勢の里

もう稀勢の里の相撲は絶対に見ないと何度も思いつつ、それでもずっと見てきた。

引退の2文字がちらつく今場所、背水の陣で臨んだが及ばなかった。

 

思えば2017年初場所で優勝し横綱として迎えた同年春場所、3/24(13日目)に日馬富士と対戦した際に大きく負傷した左肩。

それでも休場せず千秋楽本割で照の富士を下し決定戦でも勝利し2場所連続優勝を果たす。迎えた同年夏場所(5月場所)、私個人的には休んでほしかったが、強行出場するも6勝5敗4休。

この辺りがターニングポイントだった。得意の左おっつけとそこから攻める左四つを奪われた、負傷がせめて右肩なら……いや、言うまい。もう終わったことだ。  

 

今でも大好きな稀勢の里。これからもずっと大好きでいる。

今後、他力士を応援・注目することはあっても、自分にはこれほど大好きになれる力士は現れないだろう。

そして今後の稀勢の里大関昇進時の口上『大関の名を汚さぬよう、精進します。』の気持ちを忘れずに、部屋を構えて後進の指導に精進してほしい。角界を担うような魅力的な力士を大勢育ててほしい。

 

大好きな大好きな稀勢の里、本当にお疲れ様、そして本当にありがとう。そしてこれからもがんばれ!

f:id:sankairenzoku10cm:20190117152913p:plain