おっさんのblogというブログ。

下らない事に心血を注ぐおっさんの話、たまには聞いてみてもいいんじゃない。

日本の歌大好きシリーズ その27:雨

スポンサーリンク

スポンサーリンク

如何お過ごしですか? 3回連続10cmです。

当ブログにお越しいただきありがとうございます。

いつも本当にありがとうございます。

 

日本人はやっぱり演歌や歌謡曲フォークソングのような古き良き日本の歌。

たまにはいいもんですよ。ご一緒しませんか?

ただし、曲のチョイスは私が知っている曲、かつ私が好きな曲限定です、ご了承ください。

第27弾は、三善英史の『雨』でございます。

注)動画を貼っています。見る方は音量注意してください。

 

 

曲の情報。 

曲名 :雨(デビュー曲)
歌  :三善英史
作詞 :千家和也
作曲 :浜圭介
発売日:1972年5月25日

 

それではご一緒に曲を楽しみましょう。

(3分56秒)


三善英史 - 雨

 

雨に~ぬれながら たたずむ人がいる

傘の花が咲く 土曜の昼下がり

約束した時間だけが 体をすりぬける

道行く人は誰一人も 見向きもしない

恋は~いつの日も 捧げるものだから

じっと耐えるのが つとめと信じてる

 

雨に~うたれても まだ待つ人がいる

人の数が減る 土曜の昼下がり

約束した言葉だけを 幾度もかみしめて

追い越す人にこずかれても 身動きしない

恋は~いつの日も はかないものだから

じっと耐えるのが つとめと信じてる


約束した心だけが 涙によみがえる

見知らぬ人があわれんでも 答えもしない

恋は~いつの日も 悲しいものだから

じっと耐えるのが つとめと信じてる

 

編集後記

雨、いかがでしたか?楽しんでいただけましたでしょうか?
懐かしいです。

シンプルな歌詞の中にも恋の本質が隠されていますね。

 

三善英史:1954年9月2日生まれ、東京都渋谷区出身。相洋高等学校卒業。

円山町の芸者の息子として生まれる。端正な顔立ちとプロポーションが目を引き渋谷でスカウトされ、歌手となる。1972年、デビュー曲『雨』がいきなりの大ヒットを飛ばし、同年、第14回日本レコード大賞・新人賞、新宿音楽祭・銀賞、第3回日本歌謡大賞・放送音楽新人賞を獲得。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E5%96%84%E8%8B%B1%E5%8F%B2

 

 

f:id:sankairenzoku10cm:20190801095213j:plain

https://www.amazon.co.jp/%E3%80%88COLEZO-%E3%80%89%E3%83%93%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%83%BC%E6%B5%81%E8%A1%8C%E6%AD%8C-%E5%90%8D%E7%9B%A4%E3%83%BB%E8%B2%B4%E9%87%8D%E7%9B%A4%E3%82%B3%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3-17-%E3%81%82%E3%81%AA%E3%81%9F%E3%81%8C%E5%B8%B0%E3%82%8B%E6%99%82/dp/B0007G8BOY