おっさんのblogというブログ。

下らない事に心血を注ぐおっさんの話、たまには聞いてみてもいいんじゃない。

埼玉県に告ぐ【第2弾】これが香川県民の昼飯だ。2018年9月第2週

如何お過ごしですか? 3回連続10cmです。

 

当ブログにお越しいただきありがとうございます。

 

北海道、大部分の停電が 解消した模様ですが、まだ一部は停電のまま。

北海道電の方々一刻も早く全通電して下さい。

 

さて、うどんネタです。

自分の今週(9/3~9/7)の昼飯を紹介します。

昼飯紹介がメインなので店舗の情報はマップだけです。

個人情報ぎりぎりです。

 

 

前振り

8月中旬くらい(?)にこんな記事を書かせていただきました。 

埼玉、うどん?何言ってんの?香川って知ってる?

どうしてもって言うなら埼玉かかってこんかい!って趣旨の記事です。

www.sankairenzoku10cm.blue 

 

第2弾として、自分の昼飯を紹介することで、さらにジャブを打ち込んでいっていずれノックアウトしようという寸法です。

 

 

9月3日(月曜日)

店名  :こんぴらや

お品書き:ぶっかけ+おでん(豆腐・玉子)

クオリティー:★★★★★☆☆☆☆☆ 5/10(ふつう)

注)クオリティーは個人的評価です。

f:id:sankairenzoku10cm:20180908142643j:plain

・ぶっかけを注文すると断らない限り大根おろしとレモンがついてくる。値段は忘れた。

・定休日や営業時間がよく変わり、把握しきれないので出たとこ勝負。閉まっていたらこんぴらやから2~3分の清水屋へ行く。

・うどん+野菜の揚げ物かおにぎり系というパターンが多いが、たまに味変でおでんをチョイスするときがある。おでんのからしなどよくこぼしてしまう(自分が)。 

 

 

 

9月4日(火曜日)

当日は台風で風雨が激しかったので車で出ることは危険と判断してうどんは止めにした。会社のすぐ近くのセブンイレブンで焼きそばを購入。 ”すだち香る真鯛塩焼き”おにぎりも欲しかったが品切れ中で断念。セブンは歩いて1分くらいだけど往復でずぶぬれになった。

 

 

9月5日(水曜日)

店名  :てら屋

お品書き:そのまま+茄子の揚げ物

注)かけうどんは玉をお湯で温めて出汁をかけるが、そのまま(かけそのまま とも言う)=かけうどんをお湯で温めないで出汁をかけるバージョン。細かいけど、ここ大事なところ。

クオリティー:★★★★★★☆☆☆☆ 6/10(そこそこ)

f:id:sankairenzoku10cm:20180908142946j:plain

・かけうどん系の出汁がややしょっぱい。

・かけ、ざる、しょうゆ、ぶっかけ、湯だめは小(1玉)200円、中(2玉)300円、大(3玉)400円。釜揚げ、釜揚げしょうゆ、わかめは50円upというグループ化統一料金システム。

・メニューにカレーライスがある。 

・ぶっかけには大根もレモンもなし、おろしぶっかけというメニューも存在しないので、てら屋では大根入りのうどんは食えない。

・ごまはセルフであるが、よく狙いがはずれる。

 

 

9月6日(木曜日)

店名  :キリン

お品書き:そのまま+わかめおにぎり

クオリティー:★★★★★★★☆☆☆ 7/10(そこそこの上)

f:id:sankairenzoku10cm:20180908143040j:plain

うどん屋としては大型の部類に入る。満席で100人くらい座れる(たぶん)。
・珍しくおしぼりを置いている。

・キリンではなぜかそのまま以外食った事ないので、他にどんなメニューがあるのかよくわからん。

 

 

 

 

9月7日(金曜日)

店名  :山もり

お品書き:おろしぶっかけ+いんげんの揚げ物

クオリティー:★★★★★★★★☆☆ 8/10(まあまあ) 

f:id:sankairenzoku10cm:20180908143125j:plain

・香川ではやや珍しい麺が長方形断面(少しだけ平打ち)。個人的には好き。

・写真の大根がないバージョンとしてぶっかけというのがある。おろしぶっかけ1玉270円、ぶっかけ1玉230円。40円upならぶっかけ系にはやっぱり大根はほしい。レモンはなく絞りレモン汁があるので自分でかける。

 

 

 

まとめ

1ヵ月で会社へ20日行ったとしたら、18杯(=36玉)以上はうどんを食います。

 

そんなにうどんばっかり食って飽きん?

 

香川県にとってうどんは全てです。

香川県民にとってうどんに飽きるという事は香川県を捨てるという事です。←意味わからん。

これが香川県です。埼玉県とはちょっとレベルがちがいますよ(笑)。

 

 

編集後記

ここまで読んでいただいた方、自己中な記事を読んでいただき本当にありがとうございました。