おっさんのblogというブログ。

下らない事に心血を注ぐおっさんの話、たまには聞いてみてもいいんじゃない。

瀬戸の塩だれ。

スポンサーリンク

如何お過ごしですか? 3回連続10cmです。

当ブログにお越しいただきありがとうございます。

いつも本当にありがとうございます。

 

『瀬戸の塩だれ』というドレッシング(?)の紹介です。

 

先日会社の若い者が松山に行ったので頼んで買ってきてもらいました。もう何回もリピートしています。

 

読まれる方は、瀬戸繋がりで瀬戸の花嫁(2分57秒)でも聞きながら読んでください。


瀬戸の花嫁/小柳ルミ子

 

瀬戸の塩だれとは。

キャッチコピー:伯方の塩と瀬戸内産のレモンをバランスよくブレンドし、まろやかな味に仕上げた

名称:焼肉のたれ

適用料理:サラダ・焼きそば・野菜炒め・焼肉・焼き魚に 

名称は焼肉のたれになってるけど、要は何にぶっかけてもおいしいよ!って事なんでしょう。

 

現物写真。

購入時はプチプチに包んでくれる。一応瓶なので割れないようにね。

f:id:sankairenzoku10cm:20190119210021j:plain

  

正面から見るとこんな感じ。カラーリングがレモンの黄色と塩の白色ですっきりしている。黒色は胡椒をイメージしてんのかな?(物差しは大きさ確認のため)

f:id:sankairenzoku10cm:20190119210045j:plain

 

キャップの上にもなんか書いてる。『石鎚山サービスエリア限定商品』うーん、みんな限定って文字には弱いんだよね。

f:id:sankairenzoku10cm:20190119210133j:plain

 

裏面の表示など。

f:id:sankairenzoku10cm:20190119210155j:plain
f:id:sankairenzoku10cm:20190119210217j:plain

 

で、ぶっかけてみてどうなの?

伯方の塩と瀬戸内産のレモンをバランスよくブレンドし、まろやかな味に仕上げた』というキャッチは伊達ではない。

まろやかだけど塩とレモンとオイルの絶妙な感じが秀逸。

 

過去に自分がぶっかけた物、全部は忘れましたが:野菜(サラダ)全般、焼肉(鳥)、焼き魚(青物系)、豆腐(冷)、餅、目玉焼き、餃子、揚げ物、白いご飯など。何にでも合う。

 

今回湯豆腐とフグの皮にぶっかけたけど、湯豆腐はイマイチ、フグの皮はOK。(下図参照)。

 

f:id:sankairenzoku10cm:20190119210254j:plain
f:id:sankairenzoku10cm:20190119210308j:plain

注意)

①まず最初にスプーンなどに取って原液をそのまま食べてみてください、何にぶっかけたらいいかイメージできると思います。

②あまり水分が多い物にかけると塩だれ自身が薄まってよろしゅうない。

③あまり大量にぶっかけると辛い。

 

ところで、どこに売ってんの?

愛媛県松山道石鎚山SA(上り)で購入できます。ただし『石鎚山サービスエリア限定商品』らしい。 

 

ちなみにお値段は620円(内容量:200ml)です。

f:id:sankairenzoku10cm:20190119210523j:plain


 

編集後記

いや、瀬戸の塩だれ、ほんとに優れもの。600円の価値はあると思います。

みなさんもどうぞ。

と言いたいところなんだけど石鎚山SA(上り)限定商品で、ネットで色々調べてもよく似た商品はあるけど全く同じ商品はヒットしなかった。

お取り寄せ可能かどうかもよく分かりませんが、瓶の裏面の情報だけ書いておきます(小さな親切、大きなお世話w)。

販売者:株式会社伊予鉄会館 愛媛県松山市大街道3丁目1番地1  

お問い合わせ:石鎚山サービスエリア売店(0898)72-6500

 

以上、『瀬戸の塩だれ』という商品の紹介でした。 何かの参考になれば幸いです。