おっさんのblogというブログ。

下らない事に心血を注ぐおっさんの話、たまには聞いてみてもいいんじゃない。

White frying pan.

スポンサーリンク

スポンサーリンク

如何お過ごしですか? 3回連続10cmです。

当ブログにお越しいただきありがとうございます。

いつも本当にありがとうございます。

 

みなさん、フライパンってご存じですか?
ご存じない方のために一応wikiを貼り付けておきますね。 

フライパン(frying pan)は、主に焼く・炒めるなどの調理法で用いる調理器具であり、鍋(クッキングパン)の一種。ソテーパン、もしくはスキレット(skillet)と呼ばれる事もある。多種多様な利用が可能な万能鍋として用いられる事が多い。元来の英語としての"fry"はフランス語のソテーや若しくは中国語の爆(バオ)とほぼ同一の意味である。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%91%E3%83%B3

 

そんなわけで英語かぶれの私がお送りするfrying panの話です。

 

 

 

今までのはこんな感じでした。

f:id:sankairenzoku10cm:20191218204357j:plain

まぁどこのご家庭にもあると思いますし、

ステンレスや色々あるんでしょうが我が家のはこんな感じです。

 

主に焼く・炒める部分はだいたい黒っぽい色です。


なんでこんな色なんでしょうね?

私は不思議に思ったことはございませんでした。

 

 

あーる日突然♪


(青春譜)トワ・エ・モワ 「或る日突然」

 ついついトワエモアを貼ってしまいました。

 

それこそある日突然我が家にWhite frying pan(日本語訳=白いフライパン)があったわけなんです。


母親が仕入れてきたので入手経路は不明です。

貰ったのか買ったのか、何となく聞きましたが忘れましたww。

それは置いといてとにかく我が家にはWhite frying panがやってきたのです。

 

ところでね。

frying pan(=フライパン)って、飛ぶパンなわけですよ。

 

話はちょっと違うけどUFOってunidentified flying object(=未確認飛行物体)じゃない。

よく似てない?


飛ぶパンか飛ぶ物体かの違いでしょ。


フライパン結構重たいけど、空に向かってぶん投げてみる?

フライパンがUFOになっちゃうよ。

まぁ、正確にはぶん投げたやつはフライパンって確認できているわけだからIFOだけどね。

 

ウザい前置きはもういいよ!って方。及び、そうは思っていないよ!って方。本題行きます。

はい、本題に行きましょう。

f:id:sankairenzoku10cm:20191218204731j:plain
f:id:sankairenzoku10cm:20191218204743j:plain


これが、White frying panです。

最近よく使っています。


直径24cmで重さが750gもあるんです。


私が使っても重たいのに、母親はよくもこんなん入手してきたなーと感心する次第です。

 

このWhite frying panのメリット。

750gと非常に重いこのWhite frying panにもメリットがあります。


それは、洗う前と洗った後の汚れの取れ具合が一目瞭然ってことです。

 

洗う前です。牛タン焼きました。

f:id:sankairenzoku10cm:20191218205000j:plain

ちょっと汚れていてお見苦しいですが、本文の途中なのでお許しください。

 

洗った後です。

f:id:sankairenzoku10cm:20191218205153j:plain

これはいくら私でもここまでガサツではありません。で、わざと汚れが残るように洗いました。

これが大きなメリットです。

 

取れていない汚れがよーーく分かるんです。White frying panだから。

 

もし写真のように少しでも汚れが残っていたら目視確認・指差し確認できます。



 

このWhite frying panのデメリット。

もう何回も言いましたが重い。

750g。

これが最大のデメリットです。

 

 

編集後記

White frying pan.いかがでしたか?

 

私みたいに洗い物が下手くそなやつには持って来いの代物です。


汚れの取れたfrying panで調理したいものですね。