おっさんのblogというブログ。

下らない事に心血を注ぐおっさんの話、たまには聞いてみてもいいんじゃない。

日本の歌大好きシリーズ その1:北の宿から

スポンサーリンク

スポンサーリンク

如何お過ごしですか? 3回連続10cmです。 

当ブログにお越しいただきありがとうございます。

いつも本当にありがとうございます。

 

新しい企画を立ち上げることにしました。

カタカナや横文字の新しい歌もいいのです。AKBだって好きですよ。 

ただね、日本人はやっぱり演歌や歌謡曲フォークソングのような古き良き日本の歌。

たまにはいいもんですよ。

この企画は『日本の歌大好きシリーズ』と題しまして日本の心を綴った古き良き日本の歌の数々を、みなさまとご一緒に楽しむといったシンプルな企画でございます。クイズではありません。

ただし、曲のチョイスは私が知っている曲、かつ私が好きな曲限定です、ご了承ください。 

 

第1弾をかざる曲は、この季節には特に染みる、都はるみの『北の宿から』でございます。

 

注)動画を貼っています。見る方は音量注意してください。

 

 

 

曲の情報。

曲名 :北の宿から

歌  :都はるみ(68枚目のシングル)

作詞 :阿久悠

作曲 :小林亜星

発売日:1975年12月1日

 

それではご一緒に曲を楽しみましょう。

(2分30秒)


北の宿から / 都はるみ(1976年放送)

 

あなた変わりはないですか

日ごと寒さがつのります

着てはもらえぬセーターを

寒さこらえて編んでます

女ごころの 未練でしょう

あなた恋しい 北の宿

 

吹雪まじりに汽車の音

すすり泣くよに聞こえます

お酒ならべてただひとり

涙唄など歌います

女ごころの 未練でしょう

あなた恋しい 北の宿

 

あなた死んでもいいですか

胸がしんしん泣いてます

窓にうつして寝化粧を

しても心は晴れません

女ごころの 未練でしょう

あなた恋しい北の宿

 

編集後記

北の宿から、いかがでしたか?

楽しんでいただけましたでしょうか?

 

雪が舞い降りるようにしんしんと女心が綴られています。

この寒い季節にぴったりのいい曲ですね。

 

(あなたが好きだから)あなた死んでもいいですか?って聞かれたらどうする?

 

ところで、都はるみの歌をきくと『み・や・こーーっ!』

って叫ぶのは私だけでしょうか?

 

f:id:sankairenzoku10cm:20190129223844j:plain

https://columbia.jp/artist-info/harumi/