おっさんのblogというブログ。

下らない事に心血を注ぐおっさんの話、たまには聞いてみてもいいんじゃない。

新聞の記事に軽くカチンときた。

如何お過ごしですか? 3回連続10cmです。

 

当ブログにお越しいただきありがとうございます。

 

新聞の記事を読んでいて軽くカチンときたので、言いたいこと言います。

 

 

その記事。

北海道の地震後に大きく報道された土砂崩れの件のその後の記事。

f:id:sankairenzoku10cm:20181006132611j:plain

 

 

どこがカチンとくんの?

記事の写真の左側のコメント。

 

9月6日に撮影した北海道厚真町吉野地区の土砂崩れ現場(左)。工事車両が通行できるようになっていた=4日(共同通信社ヘリから

 

マーカーのとこ。

自分のことじゃないけど、なんかカチンとくんだよねー。

 

 

なんでカチンとくんの?

通行できるようになっていた?

ヘリから?

そんなに簡単にさらっと書かないでくれと言いたい。

 

通行できるようになっていた?

通行できるようになっていたじゃなくて、通行できるようにしたの!

せめて『大勢の人や機械のおかげで通行できるようになっていた』と書いて欲しい。

上げ足取るようで悪いけど、この作業にどれだけ苦労してるか分かってんの?1ヵ月もかかってんだよ。

 

ヘリから?

ヘリから見ただけで何がわかる?現場へ降りてみろ。

写真見ても道路の幅や家の大きさを考えたら、どれくらいの量の土砂が崩れているか分かるやろ。何万m3だよ。

崩れた現場を自分の足で歩いてみろ。まともに歩けるか?

そんな歩きもできない状況からこの崩れた土砂をのけて(=取り除いて)、車が通れるようにするのにどれだけの人が寝る間を削って動いていると思-とる。

 

土砂をのけてるときに二次災害の可能性だってあるわけだし、ただでさえ土砂崩れの現場ってのはすごく危険が伴うわけ。こういう作業ってやる会社(どこか知らんけど)は金を積まれたらやりまっせ、みたいなとこがあるかも知れない。

けど、実際に現場で作業する人たちはみんな好き好んでやりたい作業なわけないじゃない、誰かがやらないとみんなが困るからと思ってやってるんだよ。作業する人たちにも愛する家族がいるんだよ、万が一の覚悟をして作業してんだよ。土木の災害復旧の作業ってそういうもんなんだよ。

 

それを なっていた(ここに拘るけど)....完全に他人事やん。 どうも、いや大いに気に食わん。

 

 

そんで、言いたいことは?

マスコミこそが人の立場になった報道をしないから、それを鵜呑みにした人たちが勘違いするんだよ。

人としてもうちょっと書き方考えろ。

土木作業をなめんな。

マスコミの連中スコップで土砂のひとつでものけてから記事を書け。って言ったらきっとこう言うんだろうね、『なんで私たちがそんなことしなくちゃならないんですか?』と。けどな、実際に作業する人たちはお前らにとってはそんな事かも分からないけど、そんな事を命がけでやってんだよ。みんなのために。マスコミ、そこ分かってないでしょ?

マジ腹たつわ。

 

 

言いたいことは概ね以上です。

 

 

編集後記

今日は何もありません。