おっさんのblogというブログ。

下らない事に心血を注ぐおっさんの話、たまには聞いてみてもいいんじゃない。

日本の歌大好きシリーズ その2:越冬つばめ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

如何お過ごしですか? 3回連続10cmです。

当ブログにお越しいただきありがとうございます。

いつも本当にありがとうございます。

 

日本人はやっぱり演歌や歌謡曲フォークソングのような古き良き日本の歌。

たまにはいいもんですよ。

 

第2弾は、森昌子の『越冬つばめ』でございます。森昌子が熱唱いたします。

 

注)動画を貼っています。見る方は音量注意してください。

 

 

曲の情報。

曲名 :越冬つばめ 

歌  :森昌子(41枚目のシングル)

作詞 :石原真一

作曲 :篠原義彦

発売日:1983年8月21日

 

それではご一緒に曲を楽しみましょう。

(3分57秒)


森 昌子 越冬つばめ  1984 Masako Mori Ettoh-Tsubame

 

娘盛(さか)りを 無駄にするなと

時雨(しぐれ)の宿で 背を向ける人

報われないと 知りつつ抱かれ

飛び立つ鳥を 見送る私

季節そむいた 冬のつばめよ

吹雪に打たれりゃ寒かろに

ヒュルリ ヒュルリララ

ついておいでと 啼(な)いてます

ヒュルリ ヒュルリララ

ききわけのない 女です

 

絵に描(か)いたよな 幸せなんて

爪の先ほども 望んでません

絡めた小指 互いに噛めば

あなたと痛み 分けあえますか

燃えて燃えつき 冬のつばめよ

なきがらになるなら それもいい

ヒュルリ ヒュルリララ

忘れてしまえと 啼(な)いてます

ヒュルリ ヒュルリララ

古い恋ですか 女です

 

ヒュルリ ヒュルリララ

ついておいでと 啼(な)いてます

ヒュルリ ヒュルリララ

ききわけのない 女です

 

編集後記

越冬つばめ、いかがでしたか?楽しんでいただけましたでしょうか?

先生、先生、それは先生ーーって歌っていたころが懐かしいですね。

 

いやー、いいっす。

泣けます、いや、自分泣きますよ、泣いてもいいですか。

 

北風で裂かれてしまいそうな切ない心。それでもここに残るしかない女心。

これが女心なんでしょうか?これが人の心なのでしょうか?

 

やっぱりこの歌は森昌子が歌うのがいいですね。

f:id:sankairenzoku10cm:20190206094052j:plain

http://www.morimasako.jp/