おっさんのblogというブログ。

下らない事に心血を注ぐおっさんの話、たまには聞いてみてもいいんじゃない。

私が選ぶBest5:好きな野球選手(投手)編

スポンサーリンク

スポンサーリンク

如何お過ごしですか? 3回連続10cmです。

当ブログにお越しいただきありがとうございます。

いつも本当にありがとうございます。

 

さて、みなさま。


もう何も失う物はなく、かつ色に乾いた私がお送りする『私が選ぶBest5』。

私が好きなもの、嫌いなものなどありとあらゆるBest5を発表します。

 

本日は【第9弾】として好きな野球選手(投手)で攻めてみたいと思います。

 

 

 

 

次点の次点

岩隈 久志(背番号21)東京都東大和市出身。

楽天時代(2008年)には、21勝4敗、防御率1.87というすんごい成績を収めた。

コントロールとフォークには定評があり、メジャーでも高評価。

なんか憎めない顔してんだよねー。笑い顔がかわいいとこも好き。

f:id:sankairenzoku10cm:20191212164823j:plain


 

 

次点

星野仙一(背番号77)岡山県倉敷市出身。

これは投手と言うよりも監督として好きなお方。

ベンチでバケツを『がーーん!』て蹴るのが好きですねー。

バケツいくつ壊したん?

 

 

第5位

江本孟紀(背番号29)高知県高知市出身。

1971年に東映フライヤーズへ入団。

その後南海ホークス阪神タイガース

阪神タイガース時代の「ベンチがアホやから野球がでけへん」発言で引退(色々諸説はありますが)。

いまどきこんな発言できるやつはいない。そこを買う。

ボーク数は24でNPB記録だ。

 

 

第4位

川崎憲次郎(背番号17)大分県佐伯市出身。

大分県津久見高校出身のヤクルトの元エース。

1988年ドラフトでヤクルトに入団。

指名を受けてもイヤな球団には行かない輩もいる中、

当時パッとしなかったヤクルト(←個人的意見)に指名されて即答入団した。

あの姿を見てカッコいいと思いました。

やっぱり野球が好きなんだなと思いました。

 

 

第3位

村田兆治(背番号25)広島県三原市出身。

まさかり担いだ金太郎!じゃなくてこのお方はマサカリ投法

 

左足を上げて、さらに右足もふわっと上がるくらい体重移動がすごい。

ここから繰り出されるストレートは威力抜群。

しかも早いストレートと伝家の宝刀フォークボール

 

フォークはマジ落ちます。

直球とフォークと混ぜられたら、そら打てんわな。

 

 

第2位

小林繁(背番号19)鳥取県東伯郡琴浦町出身。

元巨人軍の投手。

1978年のドラフトの時の『江川事件』でトレードと言う形で阪神へ。

色々あるんだろうけどすごいと思った。

 

翌1979年巨人戦8連勝を含みその年22勝(9負)。

同年の巨人戦8連勝はカッコいいと思った。

亡くなったけど男の中の男だと思います。

 

 

第1位

栄えある第1位は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

野茂英雄(背番号16)大阪府大阪市出身。

 

色々な投法があるけど、このお方は『トルネード投法』。竜巻だ。

このお方もフォークの使い手。フォークは威力抜群。

 

両手を大きく上にやって、左足を上げたかと思うと、体をくるっと後ろ方向に回転して捻る。

もうピッチャーは投げ終わるまでキャッチャーのミットから目を離したらアカン!なんて常識くそくらえ。

だって、(横目でこそっとキャッチャーミット見てるかも知らんけど)投球中に見てんのは3塁方向なんだもん。

 

1995年に31年ぶりの日本人で2人目のメジャーリーガーになる。

移籍当時、任意引退という形で近鉄の年俸1億4000万円じゃなくドジャーズでの980万円を選んだ。

 

アジア人初のノーヒットノーランもやった。

生涯防御率は日本で3.15、メジャーで4.24。

そんなに際立った数字じゃないけど、ある意味メジャーへの先駆者。

 

野茂のおかげでメジャーへの道が開けた感がある。

その意味では偉大なピッチャーだと思う。

 

 

編集後記

私が選ぶBest5:好きな野球選手(投手)編。

いかがでしたか?楽しんでいただけましたでしょうか?

 

みなさんはピーといえばやっぱり『山ピー』ですか?

野球のピーもいいもんですよ。

 

 


1995 野茂英雄(Hideo Nomo) 1 メジャーデビュー戦 全投球