おっさんのblogというブログ。

下らない事に心血を注ぐおっさんの話、たまには聞いてみてもいいんじゃない。

カタログギフト『お好みの組み合わせで2点お選びいただけます』の罠。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

如何お過ごしですか? 3回連続10cmです。

当ブログにお越しいただきありがとうございます。

いつも本当にありがとうございます。

 

お悔みなんかのお返しを『カタログから選んでね!』ってあるでしょ。

そのカタログがきて選んだんだけど、上手く行かなかったって話です。

 

例によって、とっても下らない内容です。

それでもいいよ、慣れてるよ、と仰る方は読んでください。

 

 

ガタログ。

冠婚葬祭(特にお悔み)のお返しって考えるの大変ですよね。

f:id:sankairenzoku10cm:20190624214803j:plain

みなさん、こんなカタログをご覧になったこともあるかと思います。

まさにお悔みのお返しをこの中から好きに選んで!ってシステムです。

うちは田舎なんですが、最近カタログが増えてきました。

個人的にはお返しをする方は忙しいだろうし、時短にもなって良い事だと思います。

 

選ぶとしようじゃないの。

多少ワクワクしながら選ぶんだけど、ぶっちゃけこれと言った物がない。

ってパターンよくありますよねー。

 

で、『お好みの組み合わせで2点お選びいただけます。』ってページがあったのね。

見てみると左右のページから1点ずつ選べる斬新で画期的なシステムになってんの。

f:id:sankairenzoku10cm:20190624214929j:plain
f:id:sankairenzoku10cm:20190624214941j:plain

 

選りすぐりの海鮮。左に毛ガニ、右にズワイガニが載ってるページがあって、

もうこれしかない!盆と正月一緒に来んかい!

というわけでそそくさとはがきに書いて注文したわけ。

飯台の上に毛ガニとズワイガニを並べて一緒にビジュアルと味を楽しむために。

お届け日6月21日金曜日。

カニはカタログだと当たり外れがあるから実際に見て買う派なんだけど、なかなか買う機会なんて無いからね。

 

そしてカニが届いたんだけど。。

6月21日金曜日、私は昼間は仕事で夜は飲み会があったので、冷凍庫の中の荷物を見たのは翌6月22日土曜日の午後5時15分

f:id:sankairenzoku10cm:20190624215047j:plain


ちょっと待て!毛ガニとズワイガニを頼んだのにズワイガニしか届いてない。なんで片方しか届かん?


飯台の上に毛ガニとズワイガニを並べて一緒にビジュアルと味を楽しむために両方頼んだんだぜ。


忘れてんの?配送の手違い?

 

仕方ない。カタログに載っているフリーダイヤルに電話して確認すっぺ。


0120-〇〇……、ちょっと待て!

受付時間:月曜日から土曜日 9時から5時まで

15分くらい残業しよるやろ?


『お電話ありがとうございます。ただいま営業時間外ですので云々』という留守番電話。

私がイヤな予感がしたことはご想像に容易いと思います。

 

……ちくしょー。舐めとんか。ケリがつくまでカニ食えんやないか。

 

月曜日を待って電話した。

6月24日月曜日。営業時間内にフリーダイヤル。

若そうなあんちゃんが対応してくれた。会話を抜粋。


『これこれこうこうしかじかで、毛ガニとズワイガニの二つ頼んだのに、毛ガニが届いとらんぞ。』


『申し訳ございません。毛ガニは入荷が少なくて品切れになっておりまして、本来ならばお品を送る前にその旨をお伝えするべきでしたが、それが出来ておりませんで、片方だけ送ってしまった次第です。』


『何ゆーとんねん?気は確かか?そんなんはよ言わんかい。一つ送ってきてもう片方は品切れってどーゆーこっちゃねん!』


『申し訳ございません。代替え品として毛ガニのページ(左のページ)から毛ガニ以外のお品をお選びいただけないでしょうか?』


『きちんとお客様のご要望をお届けするんが仕事だろがー。』


『申し訳ございません。左のページから毛ガニ以外の物を……』


『同じ事なんべんも言わんでええし、もう謝らんでええわ。じゃ、こうしようや。2点セットのページとは違うけどこれ送ってくれ。毛ガニが欲しんじゃ。』

f:id:sankairenzoku10cm:20190624215141j:plain

 

2点セットの場合は、注文した内の1点が品切れでもノーマルページの品を組み合わせるという柔軟な対応はしてくれない。

『お客様、2点組合せでお選びいただく場合は、他のページのお品は選べないことになっております。』


『はー?ちょっとは勉強せーよ。よーそれで商売できよるのー。』


『申し訳ございません。左のページから毛ガニ以外の物を……』


あんまりしのごの言うのもアレなんで、ここで諦めました。

左のページから厳選に厳選を重ね、マグロを選んであんちゃんに伝えました。

 

『お届けの最短日は7月5日ですがどうなさいますか?』


『どうなさいますも、こうなさいますもないだろが。わしは飯台の上に(毛ガニ改め)マグロとズワイガニを並べて一緒にビジュアルと味を楽みたいんじゃ。この週末(6/29)に届くように送ってくれ。』


『今週末は発注の都合上無理でございます。』


『じゃ、わしはおまえんとこの無理を二つも聞かなイカンのか?』


『申し訳ございません。』

 

 

『………ほかのお客さんにはこういう事、無いようにしとけよ。』


『申し訳ございません。ご要望として承っておきます。』

 

『ご要望?要望と違うだろ。しゃあしゃあとカタログに載せとるもんを、スカっと送ってこんけんやろ?』

 

『申し訳ございません。』

 

『申し訳ございません。』というフレーズを聴くのも飽きたので、この辺りでさよならしました。

 

いい夢みろよ。あばよ。

 

 注)途中、讃岐弁で分からない所がございましたら、お気軽にお声掛け下さい。

 

編集後記

7月5日にはマグロが届くのですが2週間も先の事です。

みなさまは2週間もの間、ズワイガニが私宅の冷凍庫の中で静かに眠っていると思えますか?

 

そうです。よくわかっていらっしゃいます。十中八九(いやもっと高確率で)ありえないことですね。

 

飯台の上に毛ガニとズワイガニを並べて一緒にビジュアルとお味を楽しむ

 改め

飯台の上にマグロとズワイガニを並べて一緒にビジュアルとお味を楽む

という、私の小さな夢は儚く散ったのでございました。