おっさんのblogというブログ。

下らない事に心血を注ぐおっさんの話、たまには聞いてみてもいいんじゃない。

人類はどん兵衛を食べる時5分以上待つことができないのか?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:sankairenzoku10cm:20190824134737j:plain

https://www.nissin.com/jp/products/brands/donbei/

 

如何お過ごしですか? 3回連続10cmです。

当ブログにお越しいただきありがとうございます。

いつも本当にありがとうございます。

 

先日カップ麺の待ち時間3分について、あれこれ語った記事を書かせていただきました。

 

www.sankairenzoku10cm.blue

 
今回は待ち時間が5分であるどん兵衛にターゲットを絞って、その5分にスポットを当ててみました。

 

 

どん兵衛の標準待ち時間は5分。

過去記事でカップヌードルの3分を以下のように説明しました。

ただし過去記事内は3分という時間をターゲットにした都合上、話がややこしくなったらいけないので赤文字の部分を端折って説明していました。 

 

日清食品のお客様窓口のよくあるご質問

Q:『カップめんの調理時間はなぜ3分なのですか?』
A:一番おいしく食べられる時間が3分だからです。
瞬間油熱乾燥 (フライ乾燥) 法で乾燥させためんは、お湯を注ぐことで、めんに水分が浸透し、出来立ての状態が復元されます。

最も食感の良い状態が3分です。仮に、薄く細いめんであれば1分で戻すこともできますが、これではめんのコシや食感を保つことができません。

一番おいしく食べていただくために、コシがあり食感の良いの厚み、太さを研究したところ、3分かかって戻るめんが最適であることがわかりました。

また、3分は長くもなく、短くもなくちょうど良い時間といわれています。


Q:また、製品によって時間の違うのはどうしてですか?
A:太くてコシの強いめんの製品については、調理時間が4分~5分になっています。

https://faq.nissin.com/faq/faq_detail.html?id=503&category=3&page=1

 

『太くてコシの強いめんの製品については、調理時間が4分~5分になっています。』

これは明らかにどん兵衛系(うどん)を指す一文です。

どん兵衛に関しては君たちに定めた標準待ち時間は5分だぞと謳っているのであります。

 

つまり、


①麺の太さなどを調整すればもっと早くできるが、コシ・食感を重視した麺の厚み・太さを決定したうえで


②その理想的な厚み・太さの麺にお湯を加えることで、出来立ての状態・最も食感の良い状態に仕上がる最適な時間


それがどん兵衛は5分なのです。


麺の断面が大きい「うどん」という事を考慮して、ラーメンであるカップヌードルの3分とは全く違う時間設定をしています。

 

たゆまぬ研究に裏付けられた5分という時間。

われわれ人類はこの圧倒的正義である5分という時間に守られておいしいどん兵衛がいただけるのであります。

 

まさに『日清食品様、ありがとうございます。』レベルの5分なのです。

 

いつの世にも存在する掟破り。

長州力の必殺技であるさそり固め。

それを藤波辰爾が長州に見舞い返すという『掟破りの逆さそり』。

f:id:sankairenzoku10cm:20190824155748p:plain

https://note.mu/kiyoana/n/nfc67bc12e63a

 

『おぉーーっとぉ、掟破りの逆さそりだーー!』

おなじみの古舘伊知郎が発したの名文句ですね。

 

実はどん兵衛にも掟破りな食べ方があります。


どん兵衛にはどんな掟破りが待っているのでしょうか。。

 

 

標準待ち時間を大幅に超過するマキタスポーツ氏考案の10分どん兵衛

おっと、5分やのに他事してたら6分経ったやーん。

ってなことは良くあることであります。

 

が、このマキタスポーツ氏の発案の10分どん兵衛

どん兵衛標準待ち時間5分を敢えて意識的に5分超過させ、

合計10分間放置した後に食するという新手のアプローチ方法です。


私自身も10分どん兵衛を試したことがありますが、まずくない。

むしろ結構イケます。


時に大反響を呼び、日清食品マキタスポーツ氏に詫びを入れるという事態にまで発展しました。


以下の記事を参照ください。

m-active.net

 

10分?何眠たいこと言ってんの? 待ち時間40分の水どん兵衛

もう掟破りという古舘伊知郎の名文句では表すことができないレベルです。

お湯じゃなく水を使って乾麺を戻す。

一般市民の感覚ではとても考えられない超荒業

 

それも水戻しに要する時間はなんと40分。

標準時間のどん兵衛の8杯分。

無謀と言っても過言ではないでしょう。

トンデモと言う言葉が違和感なく使えるアプローチ方法です。

 

さらには「氷でしめると、未開の食感を体験できるかもしれない」

などという過激な発言まで飛び出す始末。

世も末じゃのーとお嘆きになりたい心境、お察しいたします。

 

しかし、水どん兵衛には掟を破ったからこそ生まれた意外な効果があったのです。

掟破りの逆効果?とでも言いましょうか(山田君、座布団持って来なさい)。

 

なんと災害時などでお湯が沸かせない時でもカップ麺を食べることができるのです。

これは災害国である日本に住むわれわれにとっては朗報、いや起死回生の9回裏逆転サヨナラホームランというくらいの素晴らしいアプローチ方法ではありませんか。


詳しくは以下の記事を参照ください。

rocketnews24.com

何にでもトライしてみるものですね。 

 

 

編集後記

どん兵衛の待ち時間5分の考察、いかがでしたか?


世の中色々あるんですね。

 

さて、ここで問題です。

 

どん兵衛の待ち時間。


5分?10分?40分?

 

あなたなら何分がお好みですか?