おっさんのblogというブログ。

下らない事に心血を注ぐおっさんの話、たまには聞いてみてもいいんじゃない。

日本の歌大好きシリーズ その3:千曲川

スポンサーリンク

スポンサーリンク

如何お過ごしですか? 3回連続10cmです。

当ブログにお越しいただきありがとうございます。

いつも本当にありがとうございます。

 

日本人はやっぱり演歌や歌謡曲フォークソングのような古き良き日本の歌。

たまにはいいもんですよ。

日本の心を綴った古き良き日本の歌の数々をみなさまとご一緒に楽しむ企画でございます。

ただし、曲のチョイスは私が知っている曲、かつ私が好きな曲限定です。ご了承ください。

 

第3弾は、五木ひろしの『千曲川』でございます。

 

注)動画を貼っています。見る方は音量注意してください。

 

曲の情報。

曲名 :千曲川

歌  :五木ひろし(29枚目のシングル)

作詞 :山口洋子

作曲 :猪俣公章

発売日:1975年5月25日

 

それではご一緒に曲を楽しみましょう。

ゆっくりと楽しんで下さい。(4分5秒)


千曲川 B01

 

水の流れに 花びらを

そっと浮かべて 泣いたひと

忘れな草に かえらぬ初恋(こい)を

想い出させる 信濃の旅よ

 

明日はいずこか 浮き雲に

煙たなびく 浅間山

呼べどはるかに 都は遠く

秋の風立つ すすきの径よ

 

一人たどれば 草笛の

音いろ哀しき 千曲川

よせるさざ波 くれゆく岸に

里の灯ともる 信濃の旅よ

 

 

編集後記

千曲川、いかがでしたか?楽しんでいただけましたでしょうか?

ゆっくりと流れる雄大千曲川そのもののようなメロディー。

またそれと対照的な繊細で優しく愁いのある歌詞。

 

少ない文字数ですが、目を瞑ると切ない恋心と千曲川が流れている情景が浮かんできますね。

 

日本語っていいですね。

 

f:id:sankairenzoku10cm:20190227220605j:plain

五木ひろし公式サイト