おっさんのblogというブログ。

下らない事に心血を注ぐおっさんの話、たまには聞いてみてもいいんじゃない。

日本の歌大好きシリーズ その32:化粧

スポンサーリンク

スポンサーリンク

如何お過ごしですか? 3回連続10cmです。

当ブログにお越しいただきありがとうございます。

いつも本当にありがとうございます。

 

日本人はやっぱり演歌や歌謡曲フォークソングのような古き良き日本の歌。

たまにはいいもんですよ。ご一緒しませんか?

ただし、曲のチョイスは私が知っている曲、かつ私が好きな曲限定です、ご了承ください。

第32弾は、みゆき姐さんの『化粧』でございます。

 

注)動画を貼っています。見る方は音量注意してください。

 

申し訳ありませんがこの歌だけは動画を最後まで聞いていただける人以外はご遠慮ください。ただ、聞いてほしいんです。私のわがままをお許しください。

 

 

曲の情報。

曲名 :化粧
歌  :中島みゆき
作詞 :中島みゆき
作曲 :中島みゆき
発売日:1978年4月10日発売の4枚目のアルバム『愛していると云ってくれ』に収録

 

それではご一緒に曲を楽しみましょう。

(5分07秒)カバーです。


化粧  中島みゆき 【cover】

 

化粧なんて どうでもいいと思ってきたけれど

せめて今夜だけでも きれいになりたい

今夜あたしは あんたに逢いにゆくから

最後の最後に 逢いにゆくから

 

あたしが出した 手紙の束を返してよ

誰かと二人で 読むのはやめてよ

放り出された昔を 胸に抱えたら

見慣れた夜道を 走って帰る

 

流れるな涙 心でとまれ

流れるな涙 バスが出るまで


バカだねバカだね バカだねあたし

愛してほしいと 思ってたなんて

バカだねバカだね バカのくせに Ah

愛してもらえる つもりでいたなんて

 

化粧なんて どうでもいいと思ってきたけれど

今夜死んでもいいから きれいになりたい

こんなことなら あいつを捨てなきゃよかったと

最後の最後に あんたに思われたい

 

流れるな涙 心でとまれ

流れるな涙 バスが出るまで

 

流れるな涙 心でとまれ

流れるな涙 バスが出るまで

 

バカだねバカだね バカだねあたし

愛してほしいと 思ってたなんて

バカだねバカだね バカのくせに Ah

愛してもらえる つもりでいたなんて

 

編集後記

みゆき姐さんの化粧、いかがでしたか?楽しんでいただけましたでしょうか?

 

これ、もう私のベタなコメントなんか要らないですよね。

 

中島 みゆき(なかじま みゆき、本名:中島 美雪(読みは同じ)、1952年2月23日 - )は、日本のシンガーソングライター、ラジオパーソナリティ。北海道札幌市出身。1975年にシングル「アザミ嬢のララバイ」でデビューした。公式ファンクラブ名は「なみふく」。

オリコンにおいて、4つの年代にわたってシングルチャート1位を獲得した唯一のソロ・アーティストであり、他のアーティストへの提供曲が、5つの年代にわたってオリコンシングルチャート1位を獲得している。また、自身の歌唱も含めると、作詞・作曲を手掛けた作品が5つの年代にわたってオリコンシングルチャート1位を獲得したことになる。

 https://ja.wikipedia.org/wiki/中島みゆき

 

 

f:id:sankairenzoku10cm:20190914102925j:plain

不覚にも5曲目に入っている化粧を書き忘れていた私。ツレがダビングするというので貸したら書き足してくれていた。